• 害虫・害獣駆除の掲示板
  • トリプルエーチャンネル
  • 夕飯は毎日プロテイン
  • カラス・ハト

    1.生態 2.特徴 3.被害 4.駆除方法

    1.カラス・ハトの生態

    日本で通常見かけるカラス(鴉)は、ハシボソガラスハシブトガラスと呼ばれる種類のどちらかです。

    これら代表的な2種類のカラスは日本全土に分布しており、他にもコクマルガラスワタリガラスミヤマガラス等の地域限定で生息する種がおり、ごく少量の目撃も合せると、国内では全部で7種類のカラスが生息していることが確認されています。

    カラス・ハト カラス・ハト カラス・ハト

    カラスは、毎年春になると巣づくりをはじめ、7月頃にかけて繁殖します。

    この繁殖期に1組のつがいで 3~5個の卵を産み、卵は3週間程度で孵化しますが、それからヒナが育つまでの期間は、最も警戒心が強く、また攻撃的にもなるので、巣には近づかないよう十分注意が必要です。巣は、電柱や樹木などの高所につくり、半径100mくらいを縄張りとして行動します。

    繁殖期が終わると今度はつがいではなく、集団で行動するようになります。

    ▲ページトップ

    害虫・害獣駆除の各専門サイトはこちら

    • ハクビシン駆除.com
    • ねずみ駆除.com
    • ダニ駆除.com
    • ノミ駆除.com
    • トコジラミ駆除.com
    • アライグマ駆除.com
    • ムカデ駆除.com
    • クロアリ駆除.com
    • 害獣駆除.com
    • イタチ駆除.com